発展場ZOOとホテル三宮

【説明】閉店した発展場のZOOと、2008年8月に閉店したホテル三宮の跡地は、いまどうなっているのだろうか。現地を取材。◇



どちらも札幌市中央区南7条西6丁目に存在していた。

キスマーク発展場のZOO

[地図]

ZOOは、太目向けの商業発展場であった。「淫乱度が高いから、それなりの覚悟がないと立ち入れない」と言う人もいた。筆者は2回だけ利用したことがある。知り合いの大学生が、中年デブ親父に掘られている光景を目の当たりにしてしまい、唖然とした記憶がある。なるほど、たしかにそこは淫乱部屋だった。

ところで、ここから少し南へ行くと、ラ*ンサウナ(太目中年向け)がある。この近辺は、かつて札幌の「デブ専エリア」だったのである。(たまたま店が並んでいただけだと思うが。)





ビルの見た目は以前と変わらない。ZOOが入店していたのは、ビルの2階だった。窓にはTanning ZOOというシールが貼られていたが、当然のことながらいまは存在しない。





ピンク色のエレベータもそのままだった。当時、エレベータで2階に上がり、ドアが開くと目の前に飲み物の自動販売機が現れ、びっくりした記憶がある。



お店の割引券。なぜかまだ持っていたので。ちなみに日付の15年というのは、平成15年(2003年)のことである。


キスマークホテル三宮(さんきゅう)

[地図]


筆者は利用したことがないため、このホテルの位置付けがどういうものだったのかはよく知らない。経営者がゲイであり、男同志でも入れるホテルのひとつだったらしい。あるウリ専(いまも営業しているお店)でボーイを買うと、休憩場所として、このホテルの一室が手配されたと言われている。



まずは、閉店直後に立てられていた看板から。2008年9月に撮影。残念ながら、在りし日の建物の写真はない。

#お知らせ

この度三十八年間御利用、御愛館頂き誠に有難うございました。

経営者高齢の為、八月末日で閉館する事と成りました。

長い間有難うございました。

ホテル三宮



あれから2年3か月後の様子。建物は解体されていた。



寂しさ漂う景色だが、立地は悪くないので、今後景気が上向けば何かしら建物が建つだろう。
ほかの記事