ビデオ試写室ってどんなところ?

【説明】ビデオ試写室は、ビデオボックスとも呼ばれている。アダルトビデオを短時間だけ借りて、店内の個室で視聴できる店である。数年前、市内北区の某ビデボ店の内部を撮影済みであった。2012年2月末、そのお店が閉店してしまったので写真を公開することにした。◇

【注意】ノンケ向けビデオボックスでの発展行為は慎みましょう。店の迷惑になります。



#入り口の様子。すでに閉店しているため、このお店は存在しません。



#個室への渡り廊下。アダルトビデオのポスターが所狭しと貼られていた。



#さらに進むと個室がずらりと並んでいた。



#おじゃまします。



#個室内にはテレビ、ソファー、おしぼり、ティッシュ、ゴミ箱が置かれていた。どの店も備品はほとんど同じである。





#個室から出ると、通路にゴミ箱が置かれていることに気づいた。



#このゴミ箱は、個室のゴミを集めるためのものであった。蓋を開けると、精液を拭き取ったティッシュや、使用済みオナホールが目に飛び込んできた。それと同時に、精液のいやらしい臭いが鼻を刺激した。ザーメンマニアにとっては、宝の山なのかもしれない。なお、このように「親玉」のゴミ箱が無防備に置かれている店は、稀である。
コメント・情報提供
お名前 (省略可)

メールアドレス (省略可)

ホームページアドレス (省略可)

コメント



この記事へのコメント
ほかの記事