大通公園西11丁目フェラチオ警備員の噂

【説明】札幌市中央区の大通公園は、市内有数の観光地である。同時に由緒正しいゲイスポットでもある。大通公園の西の外れ、西13丁目はゲイの発展場である。そこから東に200mほど歩いた場所(西11丁目)に、公衆トイレがある。◇



#トイレの外壁はなんとガラス張りである。もともとゲイが屯することで有名な場所だったため、内部での痴漢行為を牽制したのだろうか。





ペン9/26 中央区内でホモのあつまる場所教えて 49才でホモに興味有り ホモDVD見ながらチンポちゃぶって あなたのも初めてだけどしゃぶります。 2〜3日中に確認にきます。

ペン11/20 俺も尺八したい。精子のんでみたい。肛門出ししてもいいよ。又来ます。



#判読不可能。ミニ大通公園と同じ人のようです。



ペン080-XXXX-2994へTELください!公しゅうTELの人はワンギリしてからおねがいします!けいたいの人は番号つうちでおねがいします!

キスマークところで、このトイレにはフェラチオ警備員が出没するという噂がある。深夜になるとトイレは施錠されるのだが、その際に訪れる警備員のひとりがホモだというのである。遭遇した人の話によれば、夜間トイレに居ると閉鎖の時刻になり警備員が現れた。警備員は「もうすぐ鍵を閉めますが、ゆっくりしていってください」と言い、出口で待機するのかと思ったら小便器の前で仁王立ちになった。そしてペニスを出し、フェラチオされるのをじっと待っていたという。

警備員は20代後半くらいで、がっしりとした体をしていたという。本当なのだろうか?



※イメージ画像です。この件とは関係ありません。

サーチ(調べる)情報ページ
【野外】大通公園 資料館裏
コメント・情報提供
お名前 (省略可)

メールアドレス (省略可)

ホームページアドレス (省略可)

コメント



この記事へのコメント
ほかの記事