江別河川防災ステーション裏・千歳川合流点

06.jpg

【説明】北海道江別市の石狩川と千歳川の合流点付近。近隣に「江別河川防災ステーション」という呼称の水防施設が存在する。千歳川右岸には船着き護岸が整備されている。2022年6月の様子。◇

この辺りには1971年まで「渡し舟」が存在し、石狩川を船で渡ることができたという。現代では冗談のような話に聞こえるかもしれないが、たびたび発生する洪水被害に耐えうる強固な橋を架けることができなかった時代、川を船で渡るしかなかったのだろう。

●江別河川防災ステーション裏

江別河川防災ステーションは、北海道江別市大川通6に存在する水防施設である。今回、目指すのは防災ステーションの正面玄関ではなくて、建物の裏側。



防災ステーションの裏に通じる道路は、JR函館本線の踏切近くにある。

地図
https://goo.gl/maps/CYLQwzRn5PnQszmq7





資材置き場。札幌市白石区菊水元町にある「水防資材備蓄基地」と雰囲気が似ていると思った。



防災ステーションの裏側。表側の国道12号線沿いには、もっと見栄えのするガラス張りの建造物がある。

●駐車場へ向かう

防災ステーション裏側から新江別橋の下に掛けて、舗装された道路が存在する。





新江別橋の橋梁下。雨を避けられそうなのは、ここだけである。

●駐車場

橋梁下から道なりに100mほど進むと駐車場が現れる。舗装された道路はここまで。

地図
https://goo.gl/maps/BMUv9RtHBjr3XG1D9







駐車場は、作業車を停めるためのものだろう。



不法投棄を警告する看板。このような警告の看板が存在する場所は、警察のパトロールカーの巡回地点になっていることが多い。とくに夜間はパトカーが来ると思った方が良いだろう。

●駐車場の奥

駐車場から北西に向かい、石狩川と千歳川の合流点を目指す。軽装の場合は駐車場から先には行かない方が良い。草むらを歩くことになるので、「マダニ」に刺されるなど危険な虫の被害に遭う危険あり。













●千歳川合流点付近



地図
https://goo.gl/maps/AWTCArojrZWLz7Wo6

石狩川と千歳川の合流点付近。ここで行き止まりである。鉄製の柵のような安全のための設備は一切ない。興味本位で川辺に近づいてはいけない。川に落ちたら溺れて死ぬ。









対岸に臨むのは1.7km先「江別支所ライスセンター瑞穂の館」である。収穫したお米を乾燥させる施設のようである。

●合流点の南

合流点から南に進む。







衣装ケースらしきゴミが放置されていた。中に何か入っているように見えたが、目を逸らすことにした。怪しすぎる。こういった場所で、下手に犯罪に結びつきそうなものを見つけてしまったら厄介である。





●船着き護岸

防災ステーション裏に戻り、船着き護岸に降りてみる。



まず目にしたのは川の深さを警告する看板。



地図
https://goo.gl/maps/VGmG3tupgWy1Sr5M7



護岸には、綺麗な煉瓦調のタイルが敷かれていた。江別と言えば煉瓦である。



船着き護岸なので、当然のことながら船を着ける設備がある。







至るところに浮き輪が置かれていた。これは飾りではなく、稀に川に落っこちる人がいるという意味だろう。ようするに、この場所は危ない。



サーチ(調べる)情報ページ
【野外】江別防災ステーション裏

桑の実公園2020年5月落書きの攻防

06.jpg

札幌市中央区の桑の実公園。JR桑園駅から札幌場外市場に向かう道路(桑園・発寒通)沿いにある公園である。◇

地図
https://goo.gl/maps/SByFK4YC6j8oNjf28









園内の公衆便所。男女兼用の便所である。











小便器の衝立では、落書きの攻防が繰り広げられていた。



20才の女の子にシャブらせたぜ。















いまさらではあるが、ボールペンで書かれた落書きの上に油性ペンで打ち消し線を殴り書きしてしまうと、余計に汚らしくなり「迷惑」なのではないだろうか。



便所の出入口にシャッターが備わっていることに気付く。どういった場合にシャッターを閉める用事があるのだろうか。想像してみたが、不穏な事件しか思い浮かばなかった。

大谷地流通団地南緑地ホモキター(゚∀゚)

53.jpg

札幌市厚別区の大谷地流通団地南緑地。今度は、「東側」でもなければ「西」でもない。「南」である。2019年6月の様子。◇















ホモ キター (゚∀゚)

#2ちゃんねる掲示板由来の顔文字を便所の落書きで見たのは、今回が初めてである。



いま男がぼくの下腹部をいじっている
ぼくはとうにボッキしている
下着をぬがされる
赤黒いボッキがすじを立てる
男がくわえる
ぼくは女のようにあえぐ



そうそうアザラシ君やオットセイ君は
いつも魚を食べているから
フェラがとても上手いのだよ



日本の核所有は
当り前のことである


●園内の様子















大谷地流通団地西緑地2019年7月昼と夜

27.jpg

大谷地流通団地の東側緑地を知っている人であれば、「東があるなら西もあるのだろうか」と考えたことがあるかもしれない。その通り、西にも緑地が存在する。ただし名称は、どういうわけか「西側緑地」ではなくて「西緑地」である。

地図を頼りに現地を訪ねてみたところ、陸の孤島かのように突如として緑地が目に飛び込んできた。一見、どこにでもある公園のようだが、公園にしては物足りない。子供のための遊具は存在しないし、便所や水飲み場もない。ちょっとした休憩所、災害時の待避所なのだろうか。◇



地図
https://goo.gl/maps/DQEoNEcFhR92sQLd8















緑地内の草木は短く刈り取られていた。見晴らしが良く、敷地内に死角になる場所は存在しない。





隣接する駐車場には、会社従業員のものと思われる車がびっしりと停車していた。



緑地周辺の歩道。人が通る機会がほとんどないのか、雑草が生え放題だった。





落ちているゴミは、煙草の吸殻が多いように思えた。



光沢生地のニーソックス(膝上までの長い靴下)の空き箱も落ちていた。




●夜の様子

日曜日の夜間に再訪問してみたところ、人の気配がまるでなかった。

直線距離で100m先には、札幌新道・道央自動車道がある。自動車の走行音が鳴り響くが、目の前を行き交う車は皆無である。

音はすれども姿は見えず。ビデオゲームの「バグ面」をさ迷っているかのような、不思議な体験をした。







緑地内に街灯は存在しない。東屋周辺は暗がりであるものの、道路沿いの街路灯は万遍なく整備されており一帯は想像以上に明るい。



















日中、賑わっていた駐車場も夜間は閑散としていた。

なお、不用意に駐車場内を歩き回ると、車上荒らしと勘違いされるかもしれないので要注意。




サーチ(調べる)情報ページ
【野外】大谷地流通団地西緑地

伏古公園2019年5月消えた東屋

05.jpg

【説明】札幌市東区の伏古公園、2019年5月の様子。◇



●環状通側の便所

地図
https://goo.gl/maps/zH4tj



出入口が板で塞がれ、ロープでぐるぐる巻きにされていた。便所が縄で縛られている光景は、前代未聞である。
この便所は、撮影から1ヶ月後の2019年6月に取り壊されたようである。











便所の屋根になぜか長靴らしきものが置かれていた。

●消えた東屋



地図
https://goo.gl/maps/L55Ncbm7eKHhLicaA



妙にだだっ広くなっていると思ったら、なんと東屋がない。いつ撤去されたのだろうか。



たまに女装子が張り付けの刑に処されている四角いベンチは、まだ健在だった。

●テニスコート傍の便所

地図
https://goo.gl/maps/GfPI6







LOVE


●番外編



北側駐車場にある車止めなのだが、以前はこんな露骨な石ではなかった。





こちらは2010年に撮影した写真。この頃は、犬の顔のような形をした可愛らしい車止めだった。これが石に置き換わった時期・経緯は不明である。

サーチ(調べる)情報ページ
【野外】伏古公園
ほかの記事